■プロフィール

ランスの母

Author:ランスの母
Lance(ランス) ♂
2007年6月9日生まれ

★家族★
ランスの父、ランスの母、ランス

★好きな物★
ボール・食べ物全般

★苦手な物★
ひとりぼっち・ちびっこ

★ランスの日課★
・父、母のストーカー
・父、母どちらかが不在の時は
 帰宅時間に玄関に居座る(そのままZzz寝る事も…)
・ストレス解消には、自分のベッドを破壊する
・段ボールの箱は、ちぎって細かくしてくれる
・父・母が食事をし始めるとトイレタイムになるらしい。
(決まって、父の元へ報告→おやつGET ×2回)

■ランスは人間だったら何歳だろ・・・
■最近の記事
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
気分転換
ランスが下痢をした事で、今までと違う病院へ行ってみた。
今までお世話になっていた病院は、診察室と処置室が別で
フロントラインやフィラリアのお薬だけでも、ランスだけを処置室へ連れ行ってしまう・・・
飼い主が見えない所で処置をする病院だったのだが、(母は覗いて見ていたが・・・)
この病院は、開放的で明るい感じがいい。

いろんな所に行ってみるのもいいもんだ。
CIMG8020.jpg
ランスも気に入った?
CIMG8021.jpg
下痢ひとつとってみても、病院によって対応が全然違う事もわかって、
いろいろ勉強になりました。
まずは検査・・・という病院。確かに原因がわからなければ心配ではあるが、
この検査代ってのが、血液検査、レントゲン、エコーで3万円・・・と言われたら
貧乏な我が家では「ちょっと待って・・・」と言わざるを得なかったのである。
貧乏だけれども、ただ、高かったから別の病院を・・・と思ったわけではないもの事実。
ランスの症状は、嘔吐はなく、食欲も元気もある。下痢だけの症状だったのだが、
「今日一日あずかりましょう・・・」と言った。
膵炎や肝機能に問題があるかも知れない・・・とも言ったのだ。
獣医さんなのだし、いろんな可能性を話してくれるのはいいのだけれど、
この症状で膵炎って?信じることができなかったっていうのが一番かも。

でも、それが他の病院に行くきっかけとなった事は、我が家の今後にとっては
よかった事なのだ!



これはある日の公園。
コーギーの女の子。ミルと走るのが好きなランスです。
CIMG8037.jpg
ボールやおもちゃはまず取れません。
でも、楽しそうに行って帰ってきます。
CIMG8038.jpg
この日は、ばーにゃんもいたのだ。
ブレブレの上に、すぶた・・・顔が切れちゃっててごめんよ~。
CIMG8041.jpg
スポンサーサイト


テーマ:フレンチブルドッグ★ライフ - ジャンル:ペット

お散歩&お出かけ | 15:44:27

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。