■プロフィール

ランスの母

Author:ランスの母
Lance(ランス) ♂
2007年6月9日生まれ

★家族★
ランスの父、ランスの母、ランス

★好きな物★
ボール・食べ物全般

★苦手な物★
ひとりぼっち・ちびっこ

★ランスの日課★
・父、母のストーカー
・父、母どちらかが不在の時は
 帰宅時間に玄関に居座る(そのままZzz寝る事も…)
・ストレス解消には、自分のベッドを破壊する
・段ボールの箱は、ちぎって細かくしてくれる
・父・母が食事をし始めるとトイレタイムになるらしい。
(決まって、父の元へ報告→おやつGET ×2回)

■ランスは人間だったら何歳だろ・・・
■最近の記事
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
三番瀬のお話
数日前、お散歩中にちょっとしたお話をした飼い主さんとわんちゃんがいます。
ランスが落下した事がある場所でお話したのですが、
その時のわんちゃんは、とっても上品で品があるというか
スマートな感じを受けたのを覚えています。

今日のお散歩(父とランス)で、数日前とは別の場所でしたが、覚えてくれていて
少しお話をさせていただいたそうです。
聞くと、その上品なわんちゃんは、三番瀬で針金を首に巻かれて痛々しい姿で
報道された事があるわんちゃんだそうなのです。
とっても、幸せに暮らしているのでしょう。
傷も見た目では全然わからない、とってもキレイだったそうです。

ボランティアの方経由で一緒に暮らす事となったというお話でしたが、
あの三番瀬のわんちゃんだという事は、引き取るまで知らなかったそうです。
「ぶんちゃん」と呼んでいたそうです。

私が、記憶にあるのは、首に針金が食い込んで痛々しい姿のわんこ・・・という程度です。
ボランティアの方々には、頭がさがります。
だいぶ数は減ってきてはいるそうですが、まだまだ置き去りにされるわんこはいるそうです。

自分の生活の中で何が出来るのか・・・とか考えた時に、無力さを感じるし、
世の中の無常さというものは、この三番瀬の事だけではない事にもたどり着いたりで、
結局、いつも、自分がちゃんとしていれば・・・これくらいしかできる事がないのが現実。
ブルセラの時もそうだったもの。

イヌブルセラ症というのが、ジャネットの報告?からすると
イヌブルセラ症はなかったんじゃないか?みたいになっているのも、
多分、獣医師も含め、イヌブルセラ症というものを理解していなかった事の早合点的な対処
によるものなのでしょうね。
もう、あの時点に戻って調べることはできないのだから。

あの時の検査で治療を始めたコもいるのにね。
検査機関の信憑性を、普通に陰性だった私達はどう受け止めたらいいのかしら?
ほとんどの人は陰性で、よかったよかった・・・めでたしめでたし・・・おしまい!
って終わらせているのが現実だものね。

でも、ジャネットのコ達は、元気に生活しているようで、ホッとします。
でもでも、思うのは、大阪で殺処分までされた事実があるのに
今になっても検査の方法や検体の扱い方などプロがしてはいけない間違いを
しているのであれば、あの殺されちゃったコ達はホントにブルセラ症に感染していたのかしら?
と思ってしまうのは私だけなのでしょうか。

今日は三番瀬のお話だったのに・・・ブルセラのお話はこれでおしまいです。

本日のランスさんです。
CIMG5932_convert_20090219210340.jpg
首輪が・・・抜けそうです(^_^;)
CIMG5934_convert_20090219210405.jpg
お散歩から帰ってキレイにしてご飯を食べると、うとうとします。
CIMG5938_convert_20090219210423.jpg
スポンサーサイト


テーマ:フレンチブルドッグ★ライフ - ジャンル:ペット

お散歩 | 22:01:12 | トラックバック(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。